データのガードレールと行動分析(サマリー版)

データセキュリティの新たなアプローチ

データのガードレールと行動分析

データセキュリティは、長期にわたり、データ損失の防止と暗号化という2つの視点での対応がなされてきました。しかし、新たな脅威が増大している昨今では、新たなアプローチが必要になってきています。

このホワイトペーパーは独立系セキュリティ調査企業であるSecurosis (セキュロシス) 社が作成しています。高度な機密性が求められるデータを、アクセスの便宜性を損なうことなく保護する新しいアプローチとは?ぜひご一読ください。

このホワイトペーパーでは、新たな脅威に備えるためのアプローチについて、次の事柄を中心に解説しています。

  • 組織内部に潜む「内なる脅威」とはどのようなものか、なぜその定義を拡大する必要があるのか
  • 内なる脅威に対して効果的な対策となる「データのガードレール」と「行動分析」という新しいアプローチとはどのようなものか
  • これらのアプローチを実際にどのようにデータ保護に適用するか

詳細は、フォームに必要情報を入力して資料をご確認ください。

資料ダウンロード