大林組:自社整備のIT環境とBoxを組み合わせて
一元管理や効率化を実現

大林組株式会社 事例紹介資料

大林組は、積極的に自社開発システムやクラウドサービスを建設現場に導入しICTの利活用を推進しているが、ここに新たにBoxを導入しこれまで構築してきた自社のICT環境とBoxを組み合わせ、情報の一元管理や運用管理の効率化、そしてワークスタイルの変革を実現した。

  • 現場におけるICTの活用
  • 課題:システムの運用管理負担の軽減とスマートデバイスへの対応
  • Boxの導入によこれまで抱えていた課題を解決し、ワークスタイルと業務の効率化を実現
  • API連携によりシステム連携を活用し、管理の効率化を促進


詳細は、フォームに必要情報を入力して資料をご確認ください。

資料ダウンロード