<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=139163818022217&amp;ev=PageView&amp;noscript=1"> <img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=271598307802760&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

金融機関のデジタルトランスフォーメーションの
基盤となるコンテンツクラウド

金融業界でDXを進める最初の3大取り組み

外部環境の急激な変化は、金融業界にも一刻も早いDX(デジタルトランスフォーメーション)を迫っています。

これまでの物理的な店舗のみでの顧客接点は、オンラインチャネルとの併用にシフトし始めています。社内業務も「リモートワーク」「脱ハンコ」というキーワードの下、デジタル化が加速しています。そのような新しい環境でありながらも金融機関のDXは、即座に成し遂げられるものではありません。

その要因の一つは「コンテンツの散在化(サイロ化)」だと考えます。このコンテンツのサイロ化を解消することで、あらゆる顧客接点から必要な情報にセキュアにアクセスできるようになり、いち早く顧客サービスの高度化や業務生産性の向上に結びつきます。

情報へのアクセスが劇的に改善するため、社内業務もテレワークをはじめとした多様な働き方で行えるようになります。Boxは具体的な解決策をご提供しています。

働き方改革

働き方改革

今こそ求められる多様な働き方の実現とそれを支える「デジタルワークプレイス」

「働き方改革」と「デジタル変革」という大きな波が金融業界にも押し寄せています。世の中のデジタル化が進む中で、多様な人材の登用、業務の効率化、ワークライフバランス、それらすべてを叶えるためには何から始めたら良いのでしょうか?

働く場所をデジタル上に持ってくることにより、店舗営業を越えたお客様とのマルチチャネル化、それを支える社内外のコラボレーション、ペーパーレス、コンテンツのライフサイクル管理、テレワークの推進と定着、などの取り組みは今こそ取り組むべき喫緊の課題であり、DXの基本なのです。

ニューノーマルを迎え、「真」の働き方改革を実現するために必要な手引きがここにあります。

Boxだからできる「働き方改革」実現マニュアル

Boxだからできる「働き方改革」実現マニュアル

金融業界にも迫る急激な外部環境変化に対応した新しい働き方へシフトするために、この「働き方改革」実現マニュアルをぜひご活用ください。

詳細は、フォームに必要情報を入力して資料をご確認ください。

ガバナンス

内部統制は文書管理から

内部統制は文書管理から

強い経営基盤を作るには「情報ガバナンスの構築」が欠かせません。企業文書は従来の紙文書から電子文書へと変遷しつつある中、デジタル化の波を受け文書自体も増加傾向にあります。規制業界でもあり、信用こそが最も大切な金融機関として、各種の文書を適切に管理しなければ、コンプライアンス違反で、社会的信用失墜、場合によっては訴訟リスクも抱えることになります。

コロナ禍もあり、リモート内部統制やリモート監査が必要な昨今、その基礎となる文書のデジタル化と作成から戦略的破棄までの文書のライフサイクル管理、さらに承認証跡やログ管理、レコード管理といった文書管理が第一に求められます。

より効率的にそして正確に情報ガバナンスを行うためには、業務文書の「一元管理」ができるかどうかにかかっていると言っても過言ではありません。その解がここにあります。

情報ガバナンスプッラットフォームBoxまるわかりガイド

情報ガバナンスプッラットフォーム
Boxまるわかりガイド

金融業界に根付く紙文化からの脱却にこそ内部統制強化のヒントがあります。DXの一環としての紙文書のデジタル化や、それらの文書を一元管理することによる情報ガバナンスについては、この「まるわかりガイド」をぜひご活用ください。

詳細は、フォームに必要情報を入力して資料をご確認ください。

セキュリティ

ゼロトラスト時代のセキュリティ

ゼロトラスト時代のセキュリティ

これまで多くの金融機関が実施してきた境界型セキュリティは、外部からの侵入を前提とし、外部と内部の境界となるネットワークを守ることでセキュリティを担保してきました。しかし、どんな理由であれ、境界内つまりイントラネットに入ってしまえば、内部犯行/悪意による事故には無力です。

そのため昨今ではクラウドシフトやテレワークもあり、境界自体があいまいになったことで全てを疑う、「ゼロトラスト」を前提としたセキュリティ対策を進める必要があります。

働き方を変え、業務効率や生産性、法律や規制遵守が強く求められるDX時代においては、守るべきものを守るという考え方が必要となります。Boxのコンテンツセキュリティ、その姿がここにあります。

業種別の課題

銀行

銀行

コロナ禍で日本経済の仕組みが大きく変わろうとしている今、国内の銀行では営業改革支援ツールとして、Boxを既に活用し始めています。リモートワーク環境下の中、スムーズな業務推進に不可欠なファイル共有には強固なセキュリティ機能が求められます。
Boxは、さまざまなセキュリティ要件を満たしているので安心です。脱ハンコや電子サイン化が加速していく今だからこそ、Box クラウド・コンテンツ・マネジメントがお手伝いします。

生損保

生損保

このコロナ禍で、生命保険業界では非対面と対面を組み合わせた新しい営業スタイルの確立が求められています。また損害保険界では、企業連携による新たなビジネス機会の創造を模索しています。
このような環境の中、Boxクラウド・コンテンツ・マネジメントは、ビジネスの継続性を持続させながら、お客様の利便性の向上や業務効率化を加速するお手伝いします。

京都銀行
クレディセゾン
JCB
野村総合研究所
Morgan Stanley
ライフネット生命

Box Japan へのお問い合わせ