<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=139163818022217&amp;ev=PageView&amp;noscript=1"> <img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=271598307802760&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

建設DXを加速するBoxの活用と最新事例

建設業界の最新動向と課題

建設業界の最新動向と課題

建設業では全産業の平均と比較して年間300時間以上多く働いているというデータもあり、全国で40万社と言われる建設業の働き方改革や改革の基礎となる効率化をめぐってのICT活用とDXは待ったなしと言えます。
※国土交通省が推進する「建設業における働き方改革について」より

現実的には、2024年から適用される時間外労働の上限規制への対応や慢性的な人手不足を補うためにも変革を加速していく必要があります。また、後継者不足など若い世代の人材確保も大きな課題であり、新しい世代が働きやすい環境であることも同時に満たす必要があります。

一方、大小問わず先進的な建設企業では、施工管理のデジタル化、大量な図面や関連書類の電子化、さらにはAR・ドローンなど最新技術を導入した業務の効率化など新たな技術の実用性が進み、好成果が生まれています。

優先的に対応すべき具体的な課題

  • さまざまな利用シーンへの適応
    膨大な図面や関連資料、日々アップデートされる施工管理の報告資料など、各部署で使用されるコンテンツをICTを活用できるようにデジタル化(ペーパーレス化)が必須。いつでも、どこでも、どんな建設業務シーンにも必要な業務コンテンツが使えるようにする必要があります。

  • 共同作業に最適なハイブリッドワーク
    いつでもどこでも利用でき、使用する環境やデバイスを選ばないクラウドベースの新しい「働く場所(デジタルワークプレイス)」を整え、関係者の共同作業や本社、現場事務所、現場のコラボレーションを支え、効率的に働けるようにすることが求められています。

  • 誰でも使えるシンプルな操作性
    デジタル化やデジタルワークプレイスで業務を遂行するにあたり、ITに詳しくない人でも直観に使える、わかりやすいユーザインターフェースを用意すること。また、建設アプリケーションや現場で利用されているデバイスと連携し、即座に業務の効率化を図れるようにする必要があります。

  • 人気アプリと一緒に使える連携性
    建設アプリケーションをはじめとした各種アプリの活用が急速に進む中で、アプリを中心とした使い勝手がよく操作に集中できるユーザインターフェースを用意することがポイントです。

  • 情報ガバナンスとセキュリティ
    法定保存ファイルを規制に沿って保存できること。猛威を振るうランサムウェア対策が取れること(脱PPAPを含む)。また、常に紛失や盗難のリスクのある現場デバイスにファイルを残さないといった情報ガバナンスと情報セキュリティを守ることも重要です。

Boxで解決できること

Boxは、現場や本社、事務所等に散在するファイル(業務コンテンツ)をクラウド上に集約し、保管、保存、保護します。建設プロジェクトで欠かせない様々な関係者とのコミュニケーションとコラボレーションを効率化します。また、情報共有を安心・安全に行うセキュリティや規制に対応するガバナンスの要件も満たします。
従来、紙文書がベースで事務所に行かないと見られなかった情報も電子化した上でBoxに置けば、現場でタブレットで見たり、現場と事務所や事務所と本社で共有しながら業務を進めるといった新しく、効率的な働き方を実現します。

ペーパーレス

ペーパーレス

長時間労働を解消する効率化・生産性向上

長時間労働を解消する効率化・生産性向上

現場間、現場と他との情報共有

現場間、現場と他との情報共有

柔軟な働き方・ハイブリッドワーク

柔軟な働き方・
ハイブリッドワーク

文書管理・セキュリティ

文書管理・セキュリティ

情報ガバナンス

情報ガバナンス

建設業向け Boxコラボレーションのための ガイドライン

建設業向け
Boxコラボレーションのためのガイドライン

建設業でも広がるBox導入。社内各部署だけでなくJVをはじめ、多くの協力会社とのプロジェクト推進が業界の特徴ですが、会社・組織によってBox利用の仕方にバラツキが見られます。日々大量のデータ・ファイルを様々な関係者と共有する際に、フォルダ作成、共有の仕方、権限付与など、基本的なBoxの使い方をまとめました。
業務効率をさらに上げるためのハンドブックとしてご活用ください。

わかる!2024年労働時間規制への対応

わかる!2024年労働時間規制への対応

デジタルワークプレイスで建設DXを支えるセキュアで新しい働き方に変革

2024年に差し迫った労働時間制限に向けて待ったなしの生産性向上。
建設業の労働環境はどうすれば改善できるのか?その現状と課題、働き方を変えるためのポイントをわかりやすくご紹介します。

詳細はフォームに必要情報を入力してご覧ください。

大手建設業界でデファクトのクラウドコンテンツ管理「Box」を 西松建設が採用 〜社内外とのリアルタイムな情報共有により業務効率化と生産性が向上〜

大手建設業界でデファクトのクラウドコンテンツ管理「Box」を西松建設が採用
〜社内外とのリアルタイムな情報共有により業務効率化と生産性が向上〜

コンテンツクラウドをリードする Box, Inc.の日本法人である株式会社 Box Japan(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:古市 克典、以下 Box)は、西松建設株式会社(本社:東京都虎ノ門、代表取締役社長:髙瀨 伸利、以下 西松建設)が、時間や場所を問わずリアルタイムな情報共有を実現する建設 DX 推進の基盤として Box を採用しました。

続きを読む

Boxを導入いただいた建設業のお客様

積水ハウス
大林組
鹿島建設
日揮
竹中工務店
安藤ハザマ
ゴウダ
松尾建設
石川建設
城前建設

Box Japan へのお問い合わせ