<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=139163818022217&amp;ev=PageView&amp;noscript=1"> <img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=271598307802760&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

2024年CIO予測

 公開日:2024.01.24  Box Japan

BoxWorks Tokyo 2024

CIOにとって、2024年は多くの面で2023年と似ています。AIは依然として最優先事項である一方で、セキュリティやプライバシーには差し迫った懸念があります。既存の取り組みと進化する取り組みのバランスを取りながら、よりスマートな技術スタックを追求することが求められます。

以下は、CIOの皆様がこの1年で問題解決や機会にどのように取り組むべきかについての私の見解です。

2024年CIO予測

2024年におけるAIの進化とその役割

生成AIは2023年に大きな変革をもたらしましたが、まだビジネス目標と密接に関連付けられる段階ではありません。多くの企業は状況を見極めるために動向を注視しています。ただし、規制上の理由からAIの導入を躊躇していた企業もAIを導入せざるを得ない現実に直面しています。

同時に、ChatGPTの以前のバージョンを利用している企業は、新しいバージョンがリリースされるたびに危険に晒される可能性があります。この分野では合併・買収活動が増えてくるかもしれません。

今のところ、賢明なCIOはAI活用に対して慎重になっています。AIは、日常のタスクを置き換えて個人の生産性を向上させるのに特に優れていることはよく知られていますが、次の点でも役立ちます。

  • コード開発やレビューを加速させる(GitHub CoPilotなど)
  • 顧客サービスを向上させる(チャットやセルフサービスツールで)

AIの真の長期的価値については議論の余地があります。エンドツーエンドの自動化はまだ困難ですし、AIは人間による質の高い作業やレビューに代わるものではありません。しかし、開発者といった優秀な従業員の作業効率を大幅に向上させることは可能です。

1つ確かなことは、「Box AI」は経営層の皆様から見れば当然の選択肢であるということです。データは安全に保護され、アクセス制御も可能だからです。コンテンツクラウド「Box」に搭載されているすべての機能は企業向けの設計されているため、Box AIの差別化要因となります。

わかる!Box AI

わかる!Box AI
企業のコンテンツの価値を最大限に引き出す

Box AIは、企業のコンテンツ戦略を変革し、非構造データのポテンシャルを最大限に引き出します。本資料ではBox AIの機能をユースケースと併せてご紹介します。

無料で資料ダウンロードする

データ量増大に伴うリスクの増大

AI関連の問題に続くテーマが、データセキュリティとプライバシーです。AIの急速な展開においてCIOは、自社のデータが安全であるかどうか、競合他社によってAIモデルのトレーニングに利用されていないかを考える必要があります。正当性は別として、一般的なデータへのアクセス権限やその使用方法について多くの懸念が存在します。

この領域が進化し発展する中で、公開AIモデルが特定の業界や分野に適応するようカスタマイズされ、専門分野にさらにフォーカスするようになるでしょう。そうなることで、セキュリティとプライバシーもAI空間そのものと同じくらい急速に進化しなければならなくなることでしょう。

データプライバシーおよび法規制は国や地域によって異なります。このことは、グローバル企業にとっては複雑な問題です。AIモデルや一般的なデータの使用に対する社会的な懸念に応じて各国の規制当局が対応を強化しており、個人のプライバシーに関するデータの取り扱いも非常に重要です。

脅威の量と巧妙さは日々進化しており、CIOやCISOは夜も眠れません。収集するデータが多くなればなるほど、法律、規制、セキュリティに基づくリスクも増えます。企業はデータ収集の精査を真剣に検討する必要あります。データ収集に対する抵抗感は高まってきており、それは間違いなく今後も続くでしょう。

CIOが取るべき絶妙なバランス

時代とともに進化してきたテクノロジーへのベストオブブリードのアプローチが、アプリケーションの乱立を引き起こしてきました。それぞれのアプリケーションが自社の環境への玄関口です。アプリケーション数が多ければ多いほど攻撃対象が増え、リスクも高まります。膨大な数のアプリケーション群は「問題解決」ではなく、データへのアクセスを容易にして情報漏洩リスクの増大を導きます。

このような状況から、技術スタックの簡素化と統合がますます重要視されています。まるでSaaSの多さに反発するようです。しかし、ある程度のアプリケーションの多様性は必要です。競争市場内で起こる事象に対して最大手ソフトウェア企業では迅速かつ十分な対応が難しいため、企業は競争優位性を維持するためにスタートアップやディスラプターのサービスを活用する必要があります。

テクノロジーリーダーのトレンドは、俊敏性(最新かつ最良)が必要なものと安定性(長期的に使用する主要製品)が必要なものを分析していることです。可能な限り統合、標準化しつつ市場での競争力を獲得、向上させることが目標です。このダイナミズムはおそらく今後も続くでしょう。

イノベーションと前進への道のり

生成AIの登場によって迅速なイノベーションが可能となり、今後の展開に大きな期待が寄せられています。しかし、コストと統合に関する議論は依然として重要です。CIOの皆様には、「戦略的なイノベーション」から「徹底したデータセキュリティ」までの連続体のどこに自社を位置付けるかをお伺いしたいです。ほとんどのCIOにとって2024年は、両方のバランスをうまく調和させることが必要となるでしょう。

※このブログはBox, Inc公式ブログ(https://blog.box.com/)2024年1月20日(日本時間1月21日)付投稿の翻訳です。
著者:RAVI MALICK, GLOBAL CIO
原文リンク:https://blog.box.com/2024-cio-predictions
DX(デジタルトランスフォーメーション)にBoxが効きます!
ガバナンスとセキュリティにBoxが効きます!

RECENT POST「セキュリティ」の最新記事


セキュリティ

TeamsとMicrosoft 365でBoxコンテンツにインテリジェンスをもたらす

セキュリティ

Box Hubsベータ版を始めませんか?今すぐ企業内のコンテンツを安全に収集、整理、公開しましょう。

セキュリティ

「グレーゾーン解消制度」を利用し、Box Signが行政との契約で利用可能であると正式に回答を得ました

セキュリティ

NVIDIAとともに生成AIでチャンスをつかむ

2024年CIO予測 | BoxSquare
Box定期セミナー

RECENT POST 最新記事

ブログ無料購読