資生堂:グローバル共通の情報共有基盤として1万人規模でBoxを導入

  • 導入事例

資生堂:グローバル共通の情報共有基盤として1万人規模でBoxを導入

02:40

Boxの導入でワークスタイル変革とコラボレーションを加速

資生堂グループは、企業使命である「美しい生活文化の創造」の実現に向けて、100年先も世界中のお客さま、社会から支持され、必要とされる企業となるために、中長期戦略「VISION2020」に取り組んでいる。その基盤づくりの一環としてデジタル・イノベーションを加速し、国内外の拠点を含めた「OneSHISEIDO」の実現に向けてグローバルで活用できる情報共有基盤としてBoxを導入した。ワークスタイル変革の推進と組織や地域を超えたコミュニケーション/コラボレーションの強化を図っている。