デジタル化されたコラボレーティブ
ワークスペースへのアプローチ

デジタル化されたコラボレーティブワークスペースへのアプローチ

コラボレーティブワークスペースは、従業員生産性と顧客/ビジネスパートナーエクスペリエンスの向上を目的とした、企業の内部プロセス/外部プロセス改革を実現するコンテンツサプライチェーンを拡張する IT システムである。

  • 押さえるべきポイント
    クラウドベースのコラボレーティブワークスペースへの投資、サプライチェーン全般に渡るエクスペリエンスと従業員生産性への着目、コンテンツセキュリティの確保が必要
  • 概況
    働き方改革関連法への対応とデジタルトランスフォーメーションが進む市場変化への対応による企業競争力の強化

詳細は、フォームに必要情報を入力して資料をご確認ください。

資料ダウンロード