ガートナー、「コンテンツ・コラボレーション・プラットフォームのマジック・クアドラント」レポート

Boxは、ガートナーにより「コンテンツコラボレーションプラットフォーム」部門のリーダーとして 再び位置づけられました。

デジタル時代の今、強固なセキュリティ、制御、コンプライアンスを、使い勝手の良さを損なうことなく実現できるコラボレーションの手段が求められています。Boxは、そういったデジタル時代のニーズに応える製品を開発・提供しています。ベストオブブリードとは、これらのニーズに対する最良のツールをお客様が選択できることを意味します。そして、すべての関係者、情報、アプリケーションを集約する単一のコンテンツプラットフォームが、デジタルワークプレースの未来を開きます。これこそがBoxのクラウドコンテンツマネジメントです。

Boxは、ガートナーの2018年度マジッククアドラント「コンテンツコラボレーションプラットフォーム」部門のリーダーとして位置づけられました。5年連続の快挙です。ガートナーは、ベンダー14社について、ビジョンの完全性、実行能力という2つの面から評価を行いました。Boxは、リーダー各社の中でビジョンの完全性において最高点を獲得しています。

今日のコンテンツコラボレーションプラットフォームは、エンタープライズ向けファイル同期・共有(EFSS)の枠を超え、デジタルワークプレ―スを推進します。 Boxは、ワークフロー、メタデータ管理、コンテンツコラボレーション、インテリジェントサービスをはじめとする豊富な機能を、拡張性に優れたセキュアなパブリッククラウドプラットフォーム上で提供しています。Boxのサービスは95,000社に利用され、各社のデジタル変革を加速させています。

ガートナーによる本レポートを、お客様のビジネスに最適なコンテンツコラボレーションプラットフォームの選択にお役立てください。

「Gartner Magic Quadrant for Content Collaboration Platforms」(Monica Basso、Michael Woodbridge、Karen A. Hobert共著、2018年7月9日) この図は、ガートナーがリサーチ資料の一部として公表したものであり、資料全体の文脈において評価されるべきものです。ガートナーの資料の入手を希望される方には、Box経由で提供しております。ガートナーは、ガートナーのリサーチ発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価またはその他の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。ガートナーのリサーチ発行物は、ガートナーのリサーチ組織の見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

資料ダウンロード