<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=139163818022217&amp;ev=PageView&amp;noscript=1"> <img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=271598307802760&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

チェンジマネジメントとは?企業変革成功のポイントを解説

 2021.07.28  Box Japan

テクノロジーの進化・発展に伴い、企業を取り巻く環境は加速度的に変化しています。このような時代のなか、企業が継続的に発展していくためには、時代に合わせた変革が不可欠と言えるでしょう。そこで重要となるのが、企業の在り方に変革をもたらすチェンジマネジメントです。本記事では、チェンジマネジメントの概要やポイントについて、詳しく解説します。

チェンジマネジメントとは?企業変革成功のポイントを解説

チェンジマネジメントとは

チェンジマネジメントとは、企業の在り方そのものの変革を推進するマネージメント手法です。近年、情報通信技術の発展により、社会構造は大きく変化しました。IT化の恩恵を受けてさまざまな産業が発展し、先進諸国の人々はかつてないほどの豊かさを享受しています。しかし、産業の発展は苛烈な競争原理の上に成り立っており、市場競争性は激化の一途を辿っているのが実情です。このような社会背景のなかで、企業が市場における競争優位性を確立するためには、組織の在り方そのものに対する変革が不可欠と言えます。

しかし、企業変革を行い、また成功へと導くのは決して簡単なことではありません。企業の在り方そのものに変革をもたらすためには、経営層と従業員が企業理念やビジョンを共有し、同じ方向に舵を取る必要があるでしょう。

しかし、人は基本的に変化を嫌い、未知のものを避けて現状維持を望むという心理作用を持ちます。これを行動経済学で「現状維持バイアス」と呼びます。企業変革を推進していくためには、変化を好まない保守的な従業員の負荷を考慮しなければなりません。そこで注目を集めているのが、チェンジマネジメントです。全従業員が足並みをそろえ、組織全体で変革に取り組むことがチェンジマネジメントの本質と言えるでしょう。

働き方改革にはBoxが効きます!
仕事の効率化にBoxが効きます!

チェンジマネジメントが注目された背景

チェンジマネジメントが注目を集めている背景にあるのは、加速する市場環境の変化です。テクノロジーの発展は人々の暮らしに豊かさと利便性をもたらしました。また、産業や経済の発展に比例して、市場環境も加速度的に変化しています。膨大な情報が溢れ、消費者ニーズは多様化し、製品ライフサイクルは短縮化傾向にあります。このような時代において企業がイノベーションを創出するためには、市場環境の変化に対して柳のような柔軟性を持って対応していかねばなりません。

しかし、先述したように人は基本的に変化を嫌うものです。太古、人がまだ狩猟採集していた時代では、未開の土地への移動は大きなリスクを伴いました。新たな土地で食料を確保できる保証もなく、先住民族との争いや猛獣に襲われるといった危険性もあり得ました。環境変化への恐れは、こうした状況を経てきた人間の遺伝子に刻み込まれている、本能とも言えるでしょう。

そのため、企業変革をトップダウンで強制的に行ってしまうと、従業員たちの賛同を得られなかったり、離職者が増えたりと、企業にとって大きなリスクを伴います。だからこそ、企業変革を成功へと導くチェンジマネジメントが注目を集めているのです。

チェンジマネジメント実施の8つのポイント

ここでは、チェンジマネジメントを実施するうえで重要となる8つのポイントについて解説していきます。

危機意識の向上

チェンジマネジメントを成功させるうえで、危機意識の向上は非常に重要な要素です。企業変革を実施するためには、なぜ従来の経営体制を変える必要があるのかを全従業員が理解する必要があります。「このままでダメだ」という現状への危機意識が高まらなくては、「現状を変える必要がある」という認識へと至るのは困難です。多様化かつ高度化する市場ニーズや社会情勢の変化など、根拠をもった定量的な分析に基づく説明が必要となるでしょう。

連帯チームの編成

偉大な哲学者アリストテレスは「全体は部分の総和に勝る」という言葉を残しています。例えば、時計の部品をただ集めただけでは意味を成さず、それぞれのパーツを適切に組み上げることではじめて時計として機能します。
企業経営においても同様であり、優れた人材を集めてチームを編成し連帯することで、個が持つ以上の能力を発揮できます。組織の変革という大きなプロジェクトを成功させるためには、プロジェクト推進能力や従業員に対する影響力が高い人材を集める必要があるでしょう。

ビジョンの明確化

企業経営においてビジョンや理念の明確化は非常に大切です。人は賃金のみのために働くのではなく、社会に対して貢献しているという意義ややりがいも求めます。企業変革の先にある目指すべきビジョンを組織全体で共有することで、変革を受け入れる体制が構築されるでしょう。
ビジョンや理念は決して壮大なものである必要はありません。あまりにも壮大なビジョンは現実味に欠け、かえってモチベーションの低下を招く可能性があるため、現実的なラインでの共有が大切です。

ビジョンの周知

明確なビジョンや理念は組織全体に周知されてこそ意味を成します。社内広報誌を発行したり、説明会を開催したりはもちろん、ビジョンを従業員に理解してもらうために個別説明会を開催するといった活動も大切です。企業変革を推進していくためには、ビジョンや理念を詳細に伝え、全従業員と共有することが重要と言えるでしょう。

自発的な行動の促進

真の意味での企業変革を成し遂げるためには、従業員の自発的な行動が不可欠です。事業活動は株主や経営層の働きだけでなく、雇用されて働く従業員の尽力によって成り立っています。
したがって、経営層と現場に温度差が生じたままでは、企業変革はうまくいきません。設定したビジョンを実現するために、従業員が自発的に行動できる環境を整備することが大切です。経営層が手本となるような、自発的な行動を促すための工夫が求められます。

短期目標の達成

あらゆる事業活動において、目標設定は非常に重要な経営課題です。目標は長期的な視点に立った設定が重要とされています。しかし、それは短期的な目標が不要という意味ではありません。長期的な目標とは、短期的な目標を一つひとつ達成していくことで実現するものです。
そのため、経営理念やビジョンに基づいて長期的目標を定め、それを達成するための短期的な目標を設定する必要があるでしょう。また、短期的な目標を設定し、小さな成功体験を積み重ねることで従業員のモチベーション向上につながります。

達成した目標の活用

チェンジマネジメントによる企業変革とは、一度実施して完了するといった性質のものではありません。達成した目標をさらに修正して次に活かしていくためには、PDCAを組織全体で継続的に行うことが重要と言えます。新たな企業文化が根付くには5年以上の年月が必要であるとされているため、長期的かつ継続的な改善への取り組みが不可欠です。

新たな手法の浸透

チェンジマネジメントを成功へと導くためにもっとも大切となるのが情報共有です。継続的な改善に取り組み、新たな手法や培った知見を社内で共有できる仕組み作りが重要でしょう。掲げたビジョンやそれを実行するための戦略、そして個々の目標、こういったもの全てを共有可能なドキュメントやファイルに落とし全社員で共有することが必要なのです。つまり、個人やチームが持つ暗黙知を形式知へと変換し、組織全体で共有することで業務効率の改善や生産性の向上につながります。

[SMART_CONTENT]

まとめ

テクノロジーの発達は人々の暮らしに豊かさと利便性をもたらしました。しかし、あらゆる物事は表裏一体であり、メリットの裏には相応のデメリットが存在しているものです。情報通信技術の発達によってさまざまな産業が発展する一方、市場における競争性は激化の一途を辿っています。このような時代において、企業が新たな市場価値を創出するためには、古い経営体制を脱却する必要があるでしょう。

加速度的に変化していくこの市場環境に対応するためには、優れたITソリューションの活用が不可欠です。とくに企業にとって重要な経営資産である情報管理の最適化は必須と言えます。

そこでおすすめしたいのが、いつでもどこでも全社で情報共有ができる基盤の導入です。企業のさまざまな業務情報やファイルを管理するファイルサーバーを集約し、クラウド化することで、組織全体におけるスムーズな情報共有が実現します。企業変革を推進するためにも全社情報基盤の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

CTA

RECENT POST「経営戦略」の最新記事


経営戦略

【第2回】コンテンツマネジメントで実現するワークスタイル変革とセキュリティ強化~なぜクラウドがオンプレミスよりもセキュアなのか(上)

経営戦略

【第3回】コンテンツマネジメントで実現するワークスタイル変革とセキュリティ強化~なぜクラウドがオンプレミスよりもセキュアなのか(下)

経営戦略

業務効率化を行う際にチェックしておきたいこと

経営戦略

中小中堅建設業界におけるデジタルトランスフォーメーションと効率化

チェンジマネジメントとは?企業変革成功のポイントを解説