<img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=139163818022217&amp;ev=PageView&amp;noscript=1"> <img height="1" width="1" style="display:none" src="https://www.facebook.com/tr?id=271598307802760&amp;ev=PageView&amp;noscript=1">

Box、電子サインのイノベータSignRequest 買収の意向を発表、
コンテンツクラウドを推進

 2021.02.17  Box, Inc. CEO、共同創業者兼会長アーロン・レヴィ

本日Boxは、電子サインプロバイダのSignRequestを買収する意向を発表しました。私たちは、この買収を機に、Boxのプラットフォームにネイティブに統合する電子サイン機能「Box Sign」を開発します。SignRequestはこれまで、市場で最も直感的でパワフルな電子サインテクノロジーを開発してきました。そのテクノロジーは市場において最も高い支持を受けているもので、この価値をBoxのお客様にお届けできることは、大いなる喜びです。

オンラインとオフラインのハイブリッドな働き方が主流となる新しい時代を迎え、多くの企業が業務プロセスとワークフローの急速なデジタル化を進めるなかで、デジタル取引の効率化がかつてないほど重要になっています。私たちは、規模の大小を問わず全てのお客様と共に、デジタル変革における喫緊の課題に取り組んでおり、その過程において、コンテンツを取り巻くエンドツーエンドの業務プロセスをよりシンプルに推進する方法が求められていることを認識しました。

昨今では、日々ますます多くの取引が、紙ベースや手作業のワークフローからクラウドへと移行しています。銀行は新規顧客の獲得をよりスムーズに行い、B2Bの営業部門はより迅速に契約を成立させています。また、グローバルな製造業者はよりセキュアにパートナーと協業し、医療サービス提供者は新薬やワクチンをより迅速に、より高度な連携のもとに供給しています。また、急成長企業は社員のオンボーディングをオンラインで行うようになっています。あらゆる重要な業務プロセスにおいて、電子サインのニーズは確実に高まっています。

このような背景から、私たちは、Boxのクラウド・コンテンツ・マネジメント・プラットフォームに、セキュアで法や制度に準拠した電子サイン機能を組み込むことにしました。SignRequestの買収と、今夏に予定されているBox Signのリリースによって、コンテンツの全ライフサイクルを単一のクラウドプラットフォーム上で完結できるようになります。Box Signは、ビジネスプランとエンタープライズプランに組み込むことを予定しており、Boxの高度なデータガバナンス、コンプライアンス、セキュリティの機能とネイティブに統合することで、ビジネスの規模や業界を問わず、あらゆるお客様のニーズに対応できるようになる見込みです。詳しくは、BoxのWebサイト(英語)をご覧ください。

今後のBoxのビジネスにおいても、SiteRequestの買収と電子サイン機能の統合は、より完全なコンテンツクラウドを構築するうえでの重要な一歩であると私たちは考えています。2021年は、あちこちに分散したチームによる業務遂行が永続的となり(従業員の一部がオフィスでの業務を再開しても、多くはリモートワークを続ける状態)、広範なデジタル変革が進み、より複雑で高次元なセキュリティおよび規制環境に対応する方向にシフトすると予想されます。これはさまざまな企業に、よりセキュアで、協調的で、効率的な働き方を可能にしなければならないという課題をもたらします。同時に、それを実現する絶好の機会でもあります。その機会の中心にあるのがコンテンツなのです。

コンテンツは、組織が持つ独自の価値が存在する場所です。それは例えば、画期的な新ワクチンのためのHIPAAで保護された臨床試験の結果であり、洪水被害を受けた地域の廃水処理のための革新的な対策案であり、秀逸なセールスプレゼンテーションや流れを一変させる広告、直近の四半期の財務情報、ベンダーやパートナー、従業員、顧客との契約書であり、さらには、NASAの新宇宙ステーションの設計企画、大手保険会社の高機密な請求記録、大手製薬アストラゼネカの高度に規制された医薬品の知的財産、オックスファムの人道支援記録でもあります。コンテンツとは、組織の業務の記録であり、重要な知見のリポジトリでもあります。それらは各組織にとって他には代えられない価値を持ちます。 

[SMART_CONTENT]

コンテンツそれぞれが貴重な価値を持つことに疑いの余地はありません。しかし、企業がその価値を活かすには、コンテンツのセキュリティとコンプライアンスを維持し、社内外のコラボレーションを促進させる、単一の統合されたコンテンツレイヤーが必要です。Boxのコンテンツクラウドは、コンテンツが作成された瞬間から、アップロード、共有、編集、公開、承認、サイン、分類、保持にまで、全てのコンテンツを一か所に集約してセキュアに管理できるプラットフォームを提供します。 

あらゆる組織がコンテンツを最大限に活用できるよう、私たちはミッションを継続し、進化を続けます。今後ともご期待ください。コンテンツクラウドへようこそ !


Boxのコンテンツクラウドのビジョンについては、2月18日午前9時(米国太平洋時間)開催予定のWebセミナー(英語のみ)で詳しくご説明します。ぜひご参加ください。

BoxによるSignRequestの買収および、未発表の製品やサービスの将来の見通しに関する重要事項については、プレスリリースをご覧ください。

※このブログはBox, Inc公式ブログ(https://blog.box.com/)2021年2月3日付投稿の翻訳です。
著者:Box, Inc. CEO、共同創業者兼会長アーロン・レヴィ
原文リンク: https://blog.box.com/introducing-content-cloud
CTA

RECENT POST「Box製品情報」の最新記事


Box製品情報

【BW17_2日目】AI時代のコンテンツ管理とは?

Box製品情報

単一のコンテンツ管理プラットフォームでBox が三冠を獲得

Box製品情報

あらゆるコンテンツを一元管理するクラウド上のプラットフォームで場所、デバイス、アプリを選ばないセキュアな業務環境構築を容易に

Box製品情報

Box Shuttle:市場で最も低価格なフルサービスのコンテンツ移行プログラム

Box、電子サインのイノベータSignRequest 買収の意向を発表、コンテンツクラウドを推進